スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨時PT 時計4F

2007年10月08日 16:11

時計塔地上4F。


ここは、地形の複雑さ、敵の移動スピードの遅さ、本部屋の存在、クロックがノンアクティブAIである、などなど・・・様々な要因が重なり、
慣れない者にとっては非常に狩りにくく、悪く言うと、ストレスの溜まる狩り場である。


しかし逆に言うと、これらの様々なマイナス要素をうまく捌くことが出来れば
快適でスムーズな狩りが出来るということでもある。

そこをどのように捌くかはプリの腕、経験次第。
狩り場が複雑な分、その複雑さに比例した可能性が広がっている、魅力のある狩り場です。







自分も転生までしている身ですから、時計4Fには、これまで何度か足を運んでいます。
・・・しかし、いつ行ってもなかなか思うように動くことが出来ず(MBによる氷割り、敵集めなど)、自然と苦手意識を持つようになっていました。


いつも、無意識に狩りなれた廃屋や火山を選んでしまいがちです。しかし、挑戦していかないと、ずっと苦手なまま。時計を上手く歩けるようになりたい。
レベルもそろそろいい具合になってきたこともあり、覚悟を決めて行って参りました。



10月8日時点プリステ


ようやくDEXがINTを越える。SPRはメディタ8取得で33に。
アクセはインベクリとフェンの持ち替えのみ。
今回は70台後半ハイWIZさんとのペアとなります。




紫箱!?



開始すぐのSS。
せっかく時計塔に来たのだから、SSしっかり撮らないと!と思い、ボタンを押す。
どうもミミックから紫が出ていた様子。幸先いいスタート?
画像の場所はクロックが溜まっていて好きです。真ん中にSG置いてもらってHL連打で敵を集めるのが楽しいw



群がるクロック


自分は敵を殴る際、インベクリップを使用します。
普通の殴りだと、振り切るまでのモーションが入ってしまい、なかなかスムーズに移動ができませんが(キャンセル可能ですが困難)インベだと比較的簡単に殴り→移動へとつなげることができます。
クロックを集めてまわることも、時計塔での楽しみのひとつですね。



本部屋SS



辛うじて撮れた唯一の本部屋SS。
合計4回か5回本部屋にいけましたが、1回を除く全てが失敗と感じました。

毎回、階段を昇りきったところで一旦SG、付近を掃除できた後、本部屋突入 という形を取りました。
最初のうちは、先置きSGに少しずつ本を誘導していく作戦。このSSも恐らくその場面だと思います。

しかし、やるからには1SGで全破壊を目指したいもの。
最後二回の本部屋は、思いきって下から大きく回り込み、右上まで戻ってくるというものを試してみました。(某甘党氏のブログにそのまま書いてあります。)

初回はなんと成功。アスム状態なのでHITストップがあるため、敵の密度が低いところを狙って進みます。今更ですが、本部屋1発落としを狙うなら、ここでアンティを使ってみるのもアリですね。
無事右上に本その他をひきつれて戻ってこれた時の達成感といったら、そりゃもう。嬉しかったですね。
成功SSを撮りたいところでしたが、少しでもヒールを緩めると、押しつぶされそうになっていたので・・・とても無理でした。

もう一度やってみよう!と思い、今度は半時計回りに上から(下側には本が密集していて隙間がなかった)進入してみましたが
今回は本部屋九時方向の地点で、敵に捕まってしまいました。
死にはしなかったものの、せっかくSGを先置きしてもらっていたのに、無駄にする形に。
申し訳なし。


右上階段下



これは右上の螺旋階段を降りたところですね。
行きづらいのであまり入りたくは無いのですが、上から見て敵が溜まってそうだったら、行かざるを得ないというか。
真ん中のWPも入ってしまいそうで嫌いですw




自分の時計4順路


少し画像が大きくてはみ出していますね;
右下スタート地点を起点とし、時計周りに赤線の通り巡回しました。
他PTは後半になって1組確認しましたが、それまでは無人。





SGのタイミング


これは、進路上でのSG発動のタイミングを示した図です。
体感的に、回数もほぼこの通りだと思います。



今回はこのルートでほぼ固定していきましたが、
どのルートを通ると敵に多く遭遇できるのか、というのも次回は検討しつつ狩りたい。
本部屋にも、もう一度行きたいですしね。

いろいろな意味で実験のような狩りでしたが、付き合ってもらったハイWIZ氏には感謝です。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rotyrpri.blog119.fc2.com/tb.php/20-5ba8f89a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。